日本オフィス・システム株式会社

サイトマップ

お問い合わせ

Loading

ソリューションサービス

HOME  >  ソリューション・サービス   >  マイナンバー対応

マイナンバー対応

社会保障・税番号(マイナンバー)制度とはKazoku.jpg

社会保障・税制度の効率性・透明性を高めて、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現するための社会基盤。 2015年10月から始まります。

 

具体的には、国民一人ひとりに固有の番号を割り当て、複数の行政に存在する個人の情報を同一人の情報であると確認を行うための基盤となります。

 

MNum-1.jpg

マイナンバーはすべての企業に影響があります!

MNum-2.jpg

 個人番号は、取得から破棄に至る厳格な管理、各種帳票への出力まで、システムによる管理がより重要となります。

 

マイナンバー制度は、管理範囲が広く、早急なシステム対応が必須です

 


MNum-3.jpg

まとめ: システムへの影響は大きく2つ

1社会保険や税の法定帳票の様式変更

社会保険や税に関連する各種法定帳票や連携データのほとんどにマイナンバーの項目が追加されるため、改修が必要な帳票は膨大で、スクラッチ開発のシステムを利用の場合には、早めの準備が、必要

2情報管理対策 (業務フロー&システム)

マイナンバーは非常に機密レベルの高い個人情報(特定個人情報)
  入手時から運転免許証等の写真付の身分証で確認するなど、厳格な確認
      手続きが必要で業務フローの見直し、整備が必要

漏洩、滅失、毀損防止等の措置が必要でアクセス制限、ログ管理の他、不要データ削除のために有効期限管理も必要になることも

目的以外利用(従業員番号として流用する等)も法律違反で、同種の法律 (個人情報保護法等)よりも罰則が強化されている

 

サービスメニュー

サービス

サービス内容

OBC マイナンバー収集保管サービス

従業員や個人取引先の個人情報を確実かつ安全に収集・保管するクラウドサービス
お使いの基幹システムを問わず、すべての企業のマイナンバー対応を支援します。
OMSS*+マイナンバー収集・保管サービスは、従業員の個人番号と個人支払先の個人番号を収集・保管対象とし、年間利用のクラウドサービス(SaaS)で提供します。

*OMSSは、「OBSメインテナンスサポートサービス」の略 

マイナンバー対応 IBM i の

セキュリティ対策

前段の個人情報収集や保管についての対策は、今までにない領域であり、 別途 OBCサービスなどマイナンバー対応サービスを検討します。
業務システム(IBM iの領域)においては、人事・給与アプリケーションの改修を始め、システムでのセキュリティ対策の実装状況によって、取るべき対策の検討をご支援します。

 

お問い合わせはこちらまで