日本オフィス・システム株式会社

サイトマップ

お問い合わせ

Loading

ソリューションサービス

HOME  >  ソリューション・サービス   >  ワークフロー

ワークフロー

楽々Workflow ⅡとはRRlogo.jpg

企業に必要不可欠なワークフロー業務。しかし管理コストがかかり過ぎている…こんな悩みをお持ちではありませんか?

ワークフローを電子化することで大幅にコスト削減できます! 楽々Workflow Ⅱとは、文字通り、仕事の流れを楽々と電子化できる画期的な申請システムのパッケージです。
 

 

 

 紙ベースでは煩わしい申請・承認業務も・・・

RRWF01.jpg

 電子化すると様々なメリットが生まれます。

RRWF02.jpg

 

 

利用のメリット

1電子化のメリット - 申請書入力の場面では・・・

文書番号をカウントアップで自動採番

申請者、所属グループ(部署)はログインIDを元に自動入力

*印の項目は入力必須。エラーチェックを項目毎に設定可能

ラジオボタン、チェックボックス、プルダウンボックスなどの入力形式

合計行の自動計算の組み込み、電子ファイルの添付可、入力行を動的に増やす設定可能、路線検索(オプション)など。                                   rkimg1.jpg
 
申請書類の入力がスムーズに行えます。記入漏れや入力ミス、計算ミスなどの 事務ミスを抑制します。
  

2電子化のメリット - 承認の場面では・・・

承認者には、承認依頼通知が メールで届きます。承認者は、自分が承認すべき文書の一覧を確認可能。承認漏れを防ぎます。少ない情報量で承認の判断ができるものは一括承認処理も可能。

申請者には、決済完了通知がメールで届きます。申請者は、自分が申請した文書が誰の承認待ちなのか、承認状況を確認することができます。                          rkimg2.jpg

承認者の状況を常時確認・制御することができます。                       
 

3電子化のメリット - 保管の場面では・・・

文書をキャビネットとフォルダで管理します。1フォルダに1種類の文書を格納します。キャビネットはフォルダを束ねるものです。

キャビネットごと/フォルダごとにユーザーの利用権限を制御することができます。管理者にはすべて表示可能。                                          rkimg3.jpg

大容量の申請書を、申請内容ごとに安全に保管できます。                  
   

4電子化のメリット - 検索の場面では・・・

特定の「キャビネット」配下の全ての文書を対象とし、串刺し検索することも可能です。

もちろん、データだから、コピーして再利用ができます。

オプションのハイパー全文検索機能を利用すると、検索キーワードを指定する項目を選ばなくても文書中の全ての項目を対象にキーワード検索したり、自然文検索を行ったり、添付ファイルの内容を検索対象としたりすることも可能です。                                                rkimg4.jpg           

期間指定、範囲指定など、条件を指定して、簡単に目的の文書を探し出せるのも、電子化の強みです。
  


 

 

こんなお悩みをお持ちのお客様へ

 

 

 

 

 現行、紙でワークフローを運用して

 いる、または他の申請システムを

 利用しているが扱いにくくて

 改善・移行を検討している。
 

 

 楽々WorkflowⅡで

 社内業務に簡単に

 対応できます。
 

 

 

link.png

       

 

 

 

 現行、日本国内でのみワークフローを

 運用しているが海外進出を視野に

 入れて、複数の言語でのワークフロー

 電子化を実現したい。
 

 

 楽々WorkflowⅡの

 多国語切替機能(標準機能)を

 ご活用しください。

 

 

link.png

       

 

 

 

 既存のWebシステムで業務を

 運用しているが、一部の文書に

 承認機能を追加したい。


 

 

 楽々WorkflowⅡ と

 既存システムの

 連携を実現します。

 

 

link.png

 

 

 

楽々WorkflowⅡが選ばれる理由

 楽々WorkflowⅡは、社内ワークフロー共通基盤としてご利用いただけます。

 

 

 

 申請フォームや承認フローの設定が 直感的な操作 で簡単に設定可能!

 

 申請フォームや承認フローを設定するのに、専門的なプログラミング知識は必要ありません。
 ブラウザベースのGUI画面から、ドラッグ&ドロップで全ての設定が可能です。
 自社のワークフローシステムを短期間で構築していただけます。

 

   

 

 

 異なる言語 の地域をまたがって ワークフローを実現!

 

 楽々WorkflowⅡは,多国語切替機能を持つワークフローシステムです。
 1つの文書を、閲覧する人の母国語で自動切換えします。
 海外拠点のあるグローバルな企業でもご利用いただけます。

 

   

 

 

 大規模運用の実績あり! 社内WF共通基盤 としてご利用いただけます!

 

 よほど定型化されたものでない限り、業務とは複雑なものです。
 複雑な業務をいかにシステムに投影できるかが、業務効率化のキーとなります。
 大規模な企業を始め、約4万人での運用実績で蓄積したノウハウがあります。

 

 

※ 楽々Workflowは、住友電気工業株式会社の製品です。

詳細につきましては、弊社営業までお問い合わせください。 

△ ページ先頭に戻る

 

 

関連情報リンク

 

 ■  住友電工情報システム株式会社 楽々WorkflowⅡ公式WEBサイト:

  https://www.sei-info.co.jp/workflow/

 

 

お問い合わせはこちらまで