日本オフィス・システム株式会社

サイトマップ

お問い合わせ

Loading

ソリューションサービス

HOME  >  ソリューション・サービス   >  カード情報非保持を達成するシステム改修支援

カード情報非保持を達成するシステム改修支援

PCI DSS脆弱性検査とカード情報非保持検査サービス 2つのサービスの背景

「2020年東京五輪までに、日本のクレジットカード環境を世界レベルに向上させる」、という政府目標に沿って、経済産業省が関与する「クレジット取引セキュリティ協議会」は2016年2月、「実行計画2016」を公表しました。
これにより、カード発行会社、決済代行会社(PSP)、通販会社、加盟店など、すべてのクレジットカード取り扱い事業者は、カード情報を非保持にするか、保持するのであればPCI DSSに準拠することが求められました。

その後「実行計画 2017」に改訂され、さらに2018年3月1日に「実行計画 2018」へ更新されて、経済産業省のリリースページで公表されました。

 

 

  (1)  PCI DSS脆弱性検査サービスとPCI DSSの基本説明は こちらから
  (2)  カード情報非保持検査サービスは こちらから
  (3)  国の"実行計画"とPCI DSSは整合しているのか こちらから
  (4)  「実行計画 2017」 改訂のポイント こちらから
  (5)  カード情報非保持の誤解と疑問 こちらから
  (6)  「実行計画 2018」 改訂のポイント

こちらから

 

国際カードブランド各社と実施プログラム

 

お問い合わせはこちらまで